バッチ処理で、サイト作成の準備段階をカットする

バッチ処理で、サイト作成の準備段階をカットする

サイト作成時に、複数のフォルダを開いたり、
複数のプログラムを開いて、準備していた。

フォルダは、スクリーンショット、EAフォルダ、webrootなどである。
MT5 メタエディタ、ワードプレスページなどである。

手っ取り早く開くために、今回は、バッチファイルを作ることにした。

コマンドプロンプトで、フォルダを開くには、
explorer “C:\(開きたいフォルダパス)”
で、開ける。

プログラムは、
(プログラムパス)

クロームで、特定のプロファイルを指定するのは、
–profile-directory=”Profile”
このオプション。

特定ページを開くには、
そのまま URLをくっつけるだけ。

今まで、1分かかっていた準備を、2秒でできるようになった。
効率化である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | Theme: HoneyBee by SpiceThemes